Navigation

ヘルムート・コール前独首相、クレディ・スイス役員会を一時停職

キリスト教民主同盟のヤミ献金疑惑で、捜査の対象となっているヘルムート・コール前独首相は、クレディ・スイス・グループの国際顧問役員会のポストを一時的に停職すると事になった。

このコンテンツは 2000/02/18 14:49

キリスト教民主同盟のヤミ献金疑惑で、捜査の対象となっているヘルムート・コール前独首相は、クレディ・スイス・グループの国際顧問役員会のポストを一時的に停職すると事になった。

クレディ・スイス・グループのスポークスマンは、期間不定の停職は、コール前首相の希望によるものであるが、役員会を辞任する予定は無い事を強調した。コール前首相は、少なくとも検察当局その他の捜査が完了するまでは、停職する予定だ。前首相は、16年間の任期中、200万ドイツマルクのCDUへの不正献金を受け取った事を認めている。

クレディ・スイスは、政財界の指導者らで構成される国際顧問役員会を昨年創設した。役員会は年2回の例会で、グループのビジネスに影響を及ぼす問題を討議し、経営上の戦略的決定にアドバイスする。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。