Navigation

ヘルムート・モーシェル・ネスレ会長、退職

世界最大の食品会社ネスレのヘルムート・モーシェル会長(72)が、定年退職することになった。

このコンテンツは 2000/05/27 16:01

世界最大の食品会社ネスレのヘルムート・モーシェル会長(72)が、定年退職することになった。

ローザンヌで行われた株主総会のスピーチで、モーシェル会長は、会社を将来へのチャンレンジに向けて、最良の状態で後継者に渡すことを誇りに思うと語った。

モーシェル氏が会長就任中、ネスレの途上国での乳児用ミルクのマーケティング活動が非難され、国際的なネスレ製品ボイコット・キャンペーンに発展した事件が起こった。ネスレが世界保健機関(WHO)の母乳代用食品マーケティング国際規約を遵守すると表明、同社の活動記録をモニターする独立委員会を創設した後、事件は沈静にむかった。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。