Navigation

マラリアの予防接種実現に大きく前進

マラリア感染者はアフリカに多い Keystone

マラリアワクチンの開発に携わっている研究者はこの度、大きな成功を収めた。バーゼル市にある「スイス熱帯研究所」の発表によると、タンザニアの子どもを対象に臨床試験を実施していたワクチンが感染率を最高65%まで低下させることが分かった。

このコンテンツは 2008/12/09 08:44

現在試験中のワクチン「RTS,S」は、乳幼児をマラリアから守る効果がはっきりと現れた初めてのワクチンだという。

数十年来の研究の末

イギリスの医学専門誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン ( New England Journal of Medicine ) 」の最新号には、2つの異なる研究によってその効果が発表されている。

マラリアワクチンの研究開発は数十年前から進められてきた。だが、病原体が素早く変異するため、これまでの試みはすべて失敗に終わっている。「スイス熱帯研究所 ( STI ) 」によると、臨床実験を60回以上繰り返したあと唯一有望なワクチンとして残ったのがRTS,Sだという。

マラリアはハマダラ蚊と呼ばれる蚊を媒介として感染し、アフリカを中心に年間およそ100万人がこの熱帯病によって死亡している。感染者数は年間約2億5000万人に上る。

swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。