Navigation

メツラー司法・警察相、コソボ視察

ルス・メツラー司法・警察相は、コソボ難民本国送還を前に現地の安全状況確認のため、コソボ視察に訪れている。

このコンテンツは 2000/04/06 15:50

ルス・メツラー司法・警察相は、コソボ難民本国送還を前に現地の安全状況確認のため、コソボ視察に訪れている。

昨年のコソボ紛争・NATO空爆以来、約4万人の難民がスイスに流入し、一時難民の身分でスイスの保護施設で生活している。スイス連邦政府は、これまで自発的に帰国した人々に経済的な援助を与えている。が、5月末からは、強制送還が実施される。

メツラー司法・警察相は、コソボで人民警察、国連難民高等弁務官事務所、欧州安保協力機構の代表らと会談し、難民本国送還問題と司法制度の確立に関して討議する。また、スイス平和維持活動部隊・スイスコイの訪問、すでにスイスから帰還した難民の代表らとの会談も予定されている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。