Navigation

ユーロと共存2年間、健闘するスイスフラン

ユーロ発足から2年。欧州統一通貨を相手にスイスフランはよく健闘していると、スイス国立銀行のブルーノ・ゲーリグ副総裁は語る。

このコンテンツは 2001/01/18 13:39

ゲーリグ副総裁は、チューリッヒの瑞米商工会議所で演説し「ユーロと共曹オた2年間の経験から、我々は徘徊する巨人の間で小人として垂ォる道は合理的な作戦であることを学んだ。この2年間、スイスは独自の政策を実施することができ、また同時にスイス伝統の金利配当を維持することができ、経済的に優位に立つことができた。」と述べた。また、ユーロ発足の前に、国立銀行は為替レートに大変動が起きた場合には市場介入することを明言したとが「この最後の手段を実行しなければならないような事態は、今のところ起きていない。」と語った。

また、先月来の米ドル急落に関しては、望まれざる大激震はまだ起きていないと述べた。さらに、スイスが早急にユーロ圏に加わるか、独自通貨を永遠に保持するかは確信が無いとし、次のように述べた。「経済的には、さしあたりスイスフランを保持するほうが賢明だ。事態を静観し情勢を把握しながら、今よりも正確な状況判断ができるまで決断を先送りする方がよい。」

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?