ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ランツゲマインデ(Landsgemeinde)

スイス民主制の最古であり、最も簡素な形。選挙権のある市民が、年に1度広場に集まり、州の閣僚(アッペンツェル・インナーローデン準州)の選出や、州憲法、法律、税率の設定(アッペンツェル・インナーローデン準州とグラールス州)が行われる。投票では挙手、もしくは投票権証明書を高く掲げる。現在は、アッペンツェル・インナーローデン準州とグラールス州の2州のみが、ランツゲマインデを続けている。以前はツーク、シュヴィーツ、ウーリ、オプヴァルデン、ニトヴァルデン、アッペンツェル・アウサーローデンの各州でも行われていた。ランツゲマインデには選挙・投票における個人の秘密保持が保障されないという批判もある。


リンク

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×