Navigation

リヒテンシュタイン、ブラックリスト入りに反発

リヒテンシュタインは、マネー・ロンダリング阻止に非協力的な国として金融活動作業部会のブラックリストに載せられた事に、反発している。

このコンテンツは 2000/06/25 14:14

リヒテンシュタインは、マネー・ロンダリング阻止に非協力的な国として金融活動作業部会のブラックリストに載せられた事に、反発している。

リヒテンシュタインのマリオ・フリック首相(写真)は、政府は金融活動作業部会(The Financial Action Task Force - FATF)に正しく判定されなかったと感じていると述べ、国際的な批判に強い不満の意を表明した。フリック首相は、リヒテンシュタインはFATFの活動を支援し、マネー・ロンダリングを阻止するための可能な限りのあらゆる努力をしていると主張した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。