Navigation

不審な郵便物で郵便局閉鎖

世界各地で 炭そ菌疑惑の郵便物がばらまかれている Keystone

チューリッヒ州の国内最大規模の集配部門を持つ郵便局の1つで17日、不審な郵便物が発見され閉鎖された。また、バーゼルでは州政府宛にいたずら郵便を送りつけた男性が逮捕された。

このコンテンツは 2001/10/19 10:17

チューリッヒ州Schlieren郵便局で17日、白い粉がこぼれ出ている封筒1通が発見され、郵便局は閉鎖された。郵便局は消毒した後、18日に再開されたが、この封筒に入れられていた物質は現在検査中で結果はまだ出ていない。チューリッヒ州当局によると、18日までにチューリッヒ州では少なくとも5個の不審な郵便物が発見されたが、うち3個は検査の結果いたずらであることが判明した。

バーゼルでは、州政府に偽の不審な郵便物を送りつけた男性1人が逮捕され、有罪判決が出たら3年の禁固刑に処される。バーゼル州当局によると、18日バーゼルでは22の不審な郵便物が発見されたが、検査の結果炭そ菌は検出されなかった。
この他、ザンクト=ガレン、ヌーシャテルでも不審な郵便物が見つかり検査中だ。

一方、シュピーツにある連邦政府の生物兵器研究所の研究員2人は、駐米スイス大使の依頼で18日渡米した。2人はワシントンのスイス大使館とニューヨークの総領事館で炭そ菌対策にあたる。ニューヨーク州知事事務所内にあるスイス総領事館は、同ビル内で17日炭そ菌が発見された事を受け閉鎖された。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。