外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北海道函館市近海の海水温上昇により、捕獲したスルメイカが漁船のいけすで死ぬケースが急増している。市漁業協同組合は、9月から予定していた生きたまま箱詰めした人気商品「いけすイカ」の出荷を10月からに延期した。函館海洋気象台によると、函館近海の海水の表面温度は8月中旬、平年より約3度高い26~27度だった。漁協によると、イカは水温が23度を超えると生きられないという。

共同通信