外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 今年のお盆の時期(10~19日)に交通事故で亡くなった人は104人で、統計が残る1970年以降で最少となったことが20日、警察庁のまとめで分かった。前年同期より24人(18・8%)少なかった。65歳以上の高齢者で、歩行中の死者数が前年同期に比べて15人減っており、警察庁の担当者は「猛暑で外出を控えたからではないか」と話している。都道府県別で死者が最も多かったのは新潟の6人。

共同通信