外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 お盆を古里や行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュが17日、ピークを迎え、新幹線や空の便、高速道路が各地で混雑した。ラッシュは18日も続く。JR各社によると、17日は東海道と東北、秋田、山形の各新幹線の上り指定席はほぼ満席。自由席の乗車率が130%に達した列車もあった。空の便は、国内各地から羽田空港に向かう便が混み合い、予約率は日航95%、全日空は約92%。日本に到着する国際線も97%以上に。

共同通信