外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 長崎市の日赤長崎原爆病院は2日、2012年度に入院した被爆者1960人のうち、がん患者が過去10年で最多の780人だったと明らかにした。朝長院長は「被爆者が高齢化し、今後がんの発生が増える可能性がある」と傾向を注視する必要性を指摘。入院被爆者は前年より49人増え、平均年齢は77・3歳。780人の内訳は肺がん238人、白血病23人、血液の幹細胞に異常が生じるがん「骨髄異形成症候群」が58人だった。

共同通信