外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 がん治療によって精子をつくる能力がなくなった後に子どもをつくる可能性を残すため、治療前に患者の精子を採取し凍結保存しているのは、全国の大学病院とがんセンターのうち27%にとどまるとの調査結果を、京都大泌尿器科が28日までにまとめた。保存していない施設のほとんどは、凍結保存を手掛けている不妊治療の開業医などを紹介していた。こうした医療施設などとの連携が重要になりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信