外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 乳がんの組織の中にある特定の脂質が、がん転移のリスクを判別する指標になる可能性があることを京都大などのチームが突き止め、21日発表した。転移の早期予測に役立てたいとしている。脂質などの物質の分布を分子レベルで高精度に画像化し観察できる「質量顕微鏡」を使った研究成果で、日本癌学会誌電子版に発表した。チームはこの顕微鏡で、乳がん患者9人の組織を対象に、さまざまな脂質の分布を解析した。

共同通信