外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国立がん研究センターは22日、2006~08年にがんと診断された約64万4千人が、5年後に生存している割合を示す「5年生存率」は62・1%だったとする分析結果を発表した。患者が多い主要ながんは大腸が71・1%、胃が64・6%、肝臓が32・6%、肺が31・9%だった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信