外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 全国のがん診療連携拠点病院を2007年に初めて受診した32万人のがん患者のうち、がん発見のきっかけが検診や健康診断、人間ドックだった人は計17%で、都道府県別では7~24%と差があることが国立がんセンターがん対策情報センターの分析で13日分かった。検診を受ける割合や、検診技術の質などに地域間で格差がある可能性も考えられ、同センターは今後、詳細に調べる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信