野田佳彦首相は16日夕、衆院解散に踏み切る。その後の臨時閣議で政府は「12月4日公示―16日投開票」を正式に決める。社会保障制度改革の国民会議など、首相が解散条件に挙げた課題は実現の運びだ。衆院選は消費税増税や原子力・エネルギー政策、環太平洋連携協定(TPP)の是非を主な争点に、民主、自民両党が政権を懸けて激突する。民主党では離党が相次ぎ、首相は苦境の中で選挙戦を迎える。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。