外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 秋の夜空を彩る「しし座流星群」の流れ星を、北海道陸別町の銀河の森天文台の筧伸浩主任(38)が撮影するのに成功した。17日午後7時40分ごろ、天文台の大型望遠鏡を収めたドームの向こうに広がる南西の空を、地平線に向けて輝きながら走る流星をカメラでとらえた。しし座流星群は、33年周期で太陽系を回る彗星が残したちりの中を、毎年11月ごろに地球が通過して起こる。2001年には大流星群が話題になった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信