外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 南極観測船しらせ(1万2650トン、中藤琢雄艦長)が、昭和基地の手前約21キロで厚い氷に阻まれ接岸を断念したことが22日、関係者への取材で分かった。しらせが接岸できなかったのは1994年の第35次観測隊以来、18年ぶり。しらせに乗船していた第53次観測隊員は、既にヘリコプターで昭和基地に移動。観測機器や食料なども空輸している。今後、雪上車で長距離の氷上輸送が可能かどうか検討する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信