外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都渋谷区の代々木公園に放置されていたサメの死骸は、近くのすし店が店頭で展示し、自称芸術家の男性に譲った物の可能性が高いことが20日、関係者への取材で分かった。すし店によると、14日に食用として仕入れたが、調理場へ運ぶのが困難だったため店頭で展示。15日午前0時ごろに店を訪れた男性から「処分するなら、芸術に役立てたい」と申し出があり、身元を確認しないまま譲ったという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信