ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ぜいたく司教に批判集中

 【ベルリン共同】住居建設に約3100万ユーロ(約41億円)、飛行機はファーストクラス―。ドイツ西部リンブルク司教区のテバルツファンエルスト司教(53)のぜいたくな生活ぶりがこのほど明らかになり、激しい批判にさらされている。建設工事の大部分が司教区の許可なしに進められたとされる。ドイツのカトリック教会の最高機関であるドイツ司教会議は10日、ローマ法王と対応を協議すると表明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。