外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 高齢の認知症患者2人の足のつめを深く切り出血させたとする傷害罪で、一審は懲役6月、執行猶予3年の判決だった北九州八幡東病院の元看護課長上田里美被告(44)の控訴審判決で、福岡高裁は16日、一審判決を破棄し、無罪を言い渡した。判決は、上田被告がつめを切った行為は、看護師のケアとして正当な業務と認めた。上田被告は一審から「浮いたつめを切った、適切なケアだった」と無罪を主張。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信