外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 てんかん患者の皮膚細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作って神経細胞に成長させ、脳内で起きている病態を再現することに成功したと、福岡大と慶応義塾大のチームが2日付の英医学誌に発表した。脳は神経細胞で起きる電気活動の興奮と抑制のバランスで正常な機能を維持している。チームは作った神経細胞を使い、一部のてんかんは抑制機能が低下して発症するとの従来の説を確認した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信