外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグ、大阪高槻が30日、資金不足で経営危機に陥っていることを明らかにした。大口スポンサーの撤退などで選手や本並健治監督への報酬は約2カ月分の遅配が生じ、12月までの運営資金が3千万円不足の見込み。参戦継続のために支援金を募り、スポンサー獲得も目指す。

共同通信