外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】サッカーの東アジア・カップは20日、ソウル・ワールドカップ(W杯)競技場で開幕し、3連覇を狙う女子の日本代表「なでしこジャパン」が中国を2―0で下し、快勝のスタートを切った。国際サッカー連盟(FIFA)女子ランキング3位の日本は前半に安藤(フランクフルト)が先制し、後半には途中出場の中島(INAC神戸)が代表初ゴールを挙げた。大儀見(チェルシー)は2アシストの活躍だった。

共同通信