外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 江戸時代から続く伝統の祭り「長崎くんち」が7日、長崎市で開幕した。9日までの3日間、「シャギリ」と呼ばれる笛や太鼓の音がにぎやかに鳴り響き、本格的な秋を迎えた街はくんち一色に染まる。諏訪神社に設けられた踊り馬場では、七つの「踊町」が順番に出し物を奉納。「出島町」が異国情緒豊かな長崎の歴史を物語る「阿蘭陀船」を豪快に引き回すと、観客からアンコールを意味する「モッテコーイ」の声が何度も上がった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信