外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領の罷免の可否を審理する憲法裁判所の弁論で、朴氏の親友で国政介入をしたとされる崔順実被告は16日午後、自分が支配する法人の部下で崔被告と朴氏の関係を証言した複数の男性を「あいつら」と呼んで罵倒しながら、自分は「はめられた」などと主張した。

共同通信