外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 6月に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」が大気圏に突入して燃え上がった際の輝きは、満月の明るさを超えていたと、国立天文台などの研究チームが21日、発表した。チームはオーストラリア南部で撮影した画像データを詳細に分析。その結果、燃え尽きたときのはやぶさ本体は、ことしの9月22日夜の中秋の名月に比べて約2倍の明るさで、地上に落下したカプセルは金星の明るさに匹敵するほど輝いたことが分かった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信