外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オウム真理教の幹部だった上祐史浩氏が設立した「ひかりの輪」が、松本サリン事件の被害者の河野義行さん(61)に、第三者として活動を監視する「外部監査人」への就任を要請、河野さんが受諾したことが2日、分かった。外部監査人は施設立ち入りや幹部との面会によって団体の実態を調べ、必要に応じて勧告。違法行為や問題行為を知った場合、告発や公表をするという。河野さんは「自分の目で実態を確認したい」と話している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信