ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ひき逃げ被害者自ら保険契約

 ひき逃げで死亡した熊本市の男性に保険金約3億円が掛けられていた事件で、男性自身が今年に入り集中的に保険会社と契約を結んでいたことが14日、熊本県警への取材で分かった。また、別の顔見知りの男性にひき逃げの身代わり出頭を求めたとして強要未遂の疑いで逮捕された指定暴力団道仁会系組幹部の斉藤健一容疑者(43)ら2人が、出頭の見返りに金品を渡す約束をしていたことも判明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。