外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 冬の夜空の風物詩「ふたご座流星群」が13日、出現のピークとなる夜を迎えた。新月のため観測の邪魔になる月明かりがなく、晴天の好条件に恵まれたところも多かった。ふたご座流星群は1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並ぶ三大流星群の一つ。国立天文台によると、活動は16日ごろまで続く。ふたご座の方向を始点とするが、夜空のどこにでも現れるため、空を広く見渡せ、街灯がない場所が観測に向いている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信