外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 みずほ銀行が暴力団など反社会的勢力への融資を放置した問題で、みずほ銀が法令順守の担当役員に加え、佐藤康博頭取と塚本隆史会長の社内処分を検討することが5日、分かった。金融庁の処分後の対応が適切でなく混乱を拡大させた責任は免れないとして、報酬を一定期間カットする方向で調整する。佐藤頭取と塚本会長はそれぞれ、親会社みずほフィナンシャルグループ(FG)の社長と会長も務めている。

共同通信