外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 みんなの党の渡辺代表は17日、日本維新の会共同代表の橋下大阪市長による従軍慰安婦発言に反発して、参院選の共通公約に向けた政策協議を凍結する方針を表明した。「凍結が解除されない場合には選挙協力もご破算になる」と述べ、協力解消も視野に入れる考えを示した。みんなの党の浅尾政調会長は、日本維新の浅田政調会長へ、発言に関する党見解を求める文書を送付。撤回がなければ、政策協議には応じないとした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信