外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制庁は16日、福井県敦賀市にある日本原子力研究開発機構(原子力機構)の高速増殖炉もんじゅから、原発の状態を把握する国の「緊急時対策支援システム(ERSS)」へのデータ送信が同日未明に停止したと発表した。データを伝送する光ケーブルの回線が断線か損傷したのが原因としている。台風による大雨でもんじゅ構内のトンネル入り口付近で土砂崩れが発生、回線が断線、損傷したのはこの付近と推定されるという。

共同通信