外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原子力規制委員会は15日、定例会合を開き、大量の機器の点検漏れが見つかった日本原子力研究開発機構(原子力機構)の高速増殖炉原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、原子炉等規制法に基づき、再発防止に向けた体制の再構築ができるまで運転再開に関する活動を行わないよう命じることを決めた。事実上の運転禁止命令となる。1万点に近い点検漏れと、原子力機構の安全に対する認識の甘さを重視した極めて厳しい対応。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信