外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 町おこしに取り組むご当地キャラクターを招き、各地の魅力を発信する「ゆるキャラサミット」が28日、埼玉県羽生市で開かれた。青森や群馬など東日本を中心とした1都18県の85体がステージ上で2分間ずつお国自慢をし、親子連れでにぎわう会場を沸かせた。知名度の高い滋賀県彦根市の「ひこにゃん」は特別ゲスト扱い。水戸黄門がモデルの茨城県の「ハッスル黄門」や、地元埼玉県で人気の「コバトン」なども駆け付けた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信