外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 小さなおわんに入った岩手名物「わんこそば」を何杯食べられるかを競う第25回全日本わんこそば選手権が14日、盛岡市で開かれ、15分間で340杯食べた埼玉県草加市の会社員山口尚久さん(36)が優勝した。三重県や福岡県など全国から男女22人が参加。山口さんは初出場での優勝。ただ、昨年の記録は制限時間が5分短い10分で399杯だっただけに「力が及ばなかった」と少し残念そう。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信