外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 「世紀の彗星」になるのではと注目を集めたアイソン彗星が29日未明、太陽に最接近する際にばらばらに崩壊して蒸発したとみられると、米航空宇宙局(NASA)が発表した。12月上旬には長い尾が肉眼で見えるかもしれないと期待されていたが、もはや地上から姿は見ることはできないという。

共同通信