外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ヤンゴン共同】ミャンマー独立の英雄、アウン・サン将軍らが祭られている最大都市ヤンゴンの「殉難者廟(通称・アウン・サン廟)」で19日、毎年恒例の追悼式典が開かれ、将軍の娘で最大野党、国民民主連盟(NLD)党首アウン・サン・スー・チー氏らが献花した。式典には、昨年に続いてテイン・セイン政権のサイ・マウ・カン副大統領と閣僚らが参加。献花、黙とうして敬意を表した。

共同通信