外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ヤンゴン共同】ミャンマー(当時はビルマ)独立の英雄、アウン・サン将軍らが祭られている最大都市ヤンゴンの「殉難者廟(通称・アウン・サン廟)」が、1日から一般公開された。殉難者廟では、1983年に韓国の閣僚らが殺害されたラングーン爆弾テロ事件があり、以降は原則閉鎖されてきた。政府は開かれた国家をアピール、観光名所としても利用する狙いがありそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信