外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 世界各地の海に分布するアカウミガメの生息状況が地球規模で悪化し、個体数の減少や場所によっては絶滅も予想されるとの評価報告書を、米政府の海洋漁業局が13日までにまとめた。産卵場所の海岸の環境破壊や開発による光害、漁網による混獲などを個体数減少の原因としてあげた。日本で産卵する北太平洋の個体群についても「絶滅の危険性がある」と警告、日本の砂浜の開発が脅威になっていると指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信