外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 アゲハチョウが前足にある小さな毛状の器官で植物の「味」を見分け、幼虫が食べるミカン科の植物にだけ産卵する仕組みをJT生命誌研究館などの国際チームが突き止め、15日付の英オンライン科学誌に発表。モンシロチョウも、幼虫の好物のキャベツを前足で味見しているとみられる。同研究館の尾崎克久研究員は「幼虫が食べる特定の植物に産卵しないと子孫を残せない」と話している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信