外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【サンフランシスコ共同】米サンフランシスコ国際空港で起きたアシアナ航空機の着陸失敗事故で、米運輸安全委員会は7日、フライトレコーダーなどの解析結果を公表。事故直前に失速の警報が出て、パイロットが着陸失敗の1・5秒前に着陸をやり直そうとしていたことが判明した。韓国国土交通省当局者は8日、操縦していたのは、ボーイング777の訓練中の副機長で、同型機での同空港への着陸は初めてだったと明らかにした。

共同通信