外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【サンフランシスコ共同】米サンフランシスコ国際空港で起きたアシアナ航空機の着陸失敗事故で、事故原因の調査に当たる米運輸安全委員会(NTSB)は9日、機長が事情聴取に対し、機体の速度を維持する装置が想定通りに作動していないことに、着陸直前に気付いたと説明していることを明らかにした。機長は操縦かんを握っていた副機長の傍らで指導していた。

共同通信