外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 アスベスト(石綿)を吸って肺がんや中皮腫などを患った大阪・泉南地域の元工場労働者や遺族が国に損害賠償を求めた2件の集団訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷は9日、「労働者の生命や健康を守るための粉じん対策を怠った」として国の賠償責任を初めて認める判決を言い渡した。

共同通信