外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設で大量に必要となる埋め立て土砂の調達について、事業主体の沖縄防衛局が、環境影響評価(アセスメント)を実施せずに済む方法を優先していたことが24日、防衛局の内部文書で分かった。法に基づく手続きの中で移設への批判が強まるのを避ける狙いとみられ、アセス回避を「絶対的条件」と定めていた。環境保護団体は「最初からアセス逃れを前提にしていたのではないか」と批判。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信