外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国防総省のシファー副次官補は13日午後(日本時間14日午前)、自民党の石原伸晃幹事長と会談し、米軍普天間飛行場移設に向けた環境影響評価(アセスメント)の評価書が年内に提出されれば、在沖縄米海兵隊のグアム移転関連予算を全額削除した米議会の柔軟対応につながるとの認識を示した。シファー氏は米議会の予算削除について「普天間移設が進まないので、議会が我慢できなくなった」と指摘。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信