ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

アップル、シェア低下

 【ニューヨーク共同】米調査会社IDCが5日発表した7~9月期のタブレット端末の世界出荷調査によると、米アップルが1400万台で首位を守ったが、市場シェアは50・4%となり、4~6月期の65・5%から低下した。韓国サムスン電子や米アマゾン・コムなどライバル勢の販売が好調だったほか、アップル自身の新機種「iPad mini」の発表を前に、買い控えもあったという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。