外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 文化庁は8日、国内外の優れた映像作品などを表彰する10年度メディア芸術祭賞の受賞作品を発表した。アニメーション部門の大賞に、大学生の主人公がいくつもの世界を生きる姿を描いた湯浅政明監督のテレビアニメ「四畳半神話大系」を選んだ。テレビアニメの大賞受賞は初。湯浅監督の大賞受賞は04年度のアニメ部門「マインド・ゲーム」(映画)以来2回目。力のある映像や既成概念にとらわれない表現手法が高く評価された。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信