外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 安倍晋三首相は28日の参院本会議での代表質問で、民進党の蓮舫代表とアベノミクスを巡り応酬した。代表就任後、首相と初の論戦となった蓮舫氏は「金融政策は限界を露呈した」として、金融緩和や財政出動はデフレ脱却につながっていないと批判。首相は、日銀による金融政策の枠組み修正について「2%の物価安定目標をできるだけ早期に実現するためだと理解している。引き続き政府、日銀は緊密に連携しながら力強い成長を目指す」と反論した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信